WDで相性発生・・・・続・続報

2021年4月19日

WD(Western Digital)での相性の結論が私の中で出たため報告をします。

一応、相性は相性ですが複数要因が濃厚かと思います。

一番の原因は表からHDDのアクセスを可能にしているリムーバブルケースと思われます。
リムーバブルケースは搭載したSATAコネクタ経由でHDDにアクセスする構造を取るため、リムーバブルケースを使うと端子数は増えませんが、接点数は増えます。
接点では信号劣化が必ず発生するため、今回のトラブルの主要因はこの接点が増えたことによって発生した信号劣化が原因ではないかと考えられます。
事実、直接つなぐとエラーが激減します。(ほとんどあるかないかというレベル)
Megaraidはこの信号劣化によりHDDを見失い、エラーを起こして再度通信を開こうとするためこの問題が発生していたようです。
ちょっとリムーバブルケースをやめることを検討しないといけませんね。
WDは意外とSATAの(特にSATA600)設計がシビアかもしれません。

残りの原因はSATAケーブルが長いとか同じく信号劣化の要因になるものですが、上記のものと比べると影響は小さいと思われます。